肩こりなどとは無縁だったような人でも、妊娠がきっかけで肩こりを発症することがあります。妊娠時の肩こりは、身体の歪みが原因で起こっている可能性があります。胎児が成長するのに合わせ、お腹は徐々に大きくなっていきます。そうなると、自然と立った際にお腹を前に突き出すような姿勢をとるようになります。結果、重心が変わることで身体に歪みが現れ、肩こりが生じてしまうのです。
また、その他にはホルモンバランスが変化による血行不良も原因として考えられます。血行が悪くなれば筋緊張が起こり、その箇所は凝り固まってしまいます。同時に妊娠での体型変化に並行して身体を動かす機会が減りがちになります。そのために運動不足になり、血流の低下に繋がることも考えられます。
酷い肩こりは頭痛やめまいの発症原因にもなります。可能な限り早期解消しなくてはなりません。
血流改善には温めることが重要です。身体の中でも、下半身を重点的に温めるようにしましょう。妊娠中に長い時間湯船に浸かるのは危険を伴いますので、足首の上まで浸かるくらいの足湯がおすすめです。心臓から遠い位置にある足が温まることにより、全身が温まりやすくなりますので効果的です。その他、肩に蒸しタオルを直接当てて温めることも、じわじわと熱が患部に伝わることで筋肉が緩みます。
少しでも血行が改善されるように、自分の好みに合うものを試してみましょう。
武蔵小金井駅前整体院では上記のような妊娠中のお悩み解消にマタニティーマッサージを行っております。妊娠時のつらい肩こりにお悩みの際は、ぜひ武蔵小金井駅前整体院にご相談ください。