武蔵小金井で整体やマッサージ、カイロ、骨盤矯正なら【武蔵小金井駅前整体院】

MENU ◀詳しくはこちらをクリックしてください。

産後骨盤矯正

  • HOME »
  • 産後骨盤矯正

sango_kotsuban出産という命がけの大仕事をした後の女性の骨盤は、大きく開いてしまいます。
というのも、お腹の中の赤ちゃんを産むために1度骨盤を開く必要があるからです。
骨盤は左右にある寛骨という2つの大きな骨と、逆三角形の形をした仙骨という1つの骨が組み合わさって出来ています。
この骨盤周辺の骨と骨をつなぐ靭帯が出産時に分泌されるリラキシンというホルモンの影響で緩み、骨盤が開きやすい状態となります。
産後、骨盤は3〜4ヶ月ほどかけて子宮などと共に少しずつ縮みながら元の位置へと戻っていきます。ただ、妊娠や出産によって骨盤の左右バランスが崩れていたり、産後であれば育児や家事で動作が左右に偏っていたり無理な身体の使い方をしていたりすると、妊娠前の位置に戻らず歪んだままで固定されてしまいます。
この状態が続くと骨盤周辺の血流が悪くなり、脂肪が燃焼されにくい身体になってしまい、臀部や下腹部、太ももの脂肪が落ちないといった産後太りに悩まされる方も少なくありません。
また、骨盤周辺の筋肉が正常に動かなくなることで腰痛や肩こり、むくみや冷え性といった身体のトラブルを引き起こすことも考えられます。
産後の骨盤は非常に不安定な状態です。
骨盤の開きだけでなく前後の傾きや左右差を減らし腰回りを安定させるためにも、産後2ヶ月までは骨盤ベルトで適度に締め付けるのが効果的です。
ただ、骨盤ベルトはあくまでも産後骨盤が元に戻ろうとする際の補助として使用するものですので、骨盤や子宮を元の位置へ必ず戻してくれるものではありません。

tomson妊娠、出産を経て緩んで開いた骨盤を元の位置へ戻すのでしたら、骨盤矯正が重要となります。
産後、1ヶ月も経つと骨盤を緩ませるホルモンの分泌が止まります。その後6ヶ月以内に骨盤矯正を始めるのがおすすめです。
産後1ヶ月以内ですと出産時に消費した体力などの回復途中な上、悪露が出るなどといった出産の影響が身体に残っています。
逆に6ヶ月を過ぎてしまうと骨盤が閉じた状態となり、一度閉じてしまうと矯正するのが難しくなります。

1ヶ月mataniを過ぎましたらお早めに矯正をお受けください。
当院ではトムソンベッド、マタニティクッションを使用した痛みのない施術により、骨盤の歪みを直し、産後の骨盤を元の位置へ戻すためのお手伝いさせていただいております。ベビーベッドやおもちゃなどもございますので、お子様とご一緒にご来院いただけます。
ぜひ一度お気軽にお越しください。

TEL 042-316-6904 診療時間 10:30~14:30 / 17:00~21:00
予約不要

mtit02
m9
m7
m8
m14
m9
m10

 

市内店舗のご案内
m10

 

m16


m13

 

m14_r04

 


m15

 

 

PAGETOP
COPYRIGHT (c) 2016 武蔵小金井駅前整体院 AllRIGHTS RESERVED. powered by quick-create