最近では様々な場面でデジタル化が進み、パソコンなどのデスクワークも増加しています。その為か昔からあるにも関わらず「腰痛は現代病」と言われるほど人々に蔓延しているのが現状です。腰の痛みは云わば長年蓄積して起こったものですが、その原因の一つに「座り方」があります。人は無意識の内に楽な座り方を選択してしまいます。往々にして、それは腰に大きな負担をかけている場合が多々あります。例えば背中を丸めて前傾姿勢になっていたり、片ヒジをついて机に対して斜めに座っていたり、一方の足ばかりを組んでみたりなど、ついつい楽だと思ってそういった姿勢を取っていませんでしょうか?

腰に負担をかけないイスの座り方として、まず90度を心がけることが大切です。背筋をピンと伸ばす必要はなく、あくまでまっすぐをイメージしてください。背もたれに斜めにもたれかからず深く座るようにすれば、自然とまっすぐになります。慣れるまでは大変かもしれませんが、しばらくすると自然にできるようになっていきます。

それでも腰痛が取れない様でしたら、骨盤が大きく歪んでいる可能性があります。是非一度武蔵小金井駅前整体院へお越し下さい。