睡眠前の短時間で、寝たままできる腰痛の改善方があります。なんとなく重く感じていた腰が軽くなり、慢性的な腰痛対策としても効果的です。
まず、両手を大きく広げて仰向けになり両足をそろえて膝を立てます。そのまま両膝を右に倒しながら、顔を左に向けるようにすると、ウエスト部分がねじれる感じがするはずです。次に膝を左に倒して、顔を右に向けるようにします。このように左右交互に、肩が床から離れないようにしながら、ゴロンゴロンと膝を倒して体をひねっていきます。
腰の周囲の筋肉が刺激されて、腰痛が解消されるだけではなく、脂肪が燃焼されるのでウエストのシェイプアップ効果も期待できるという、女性には特にうれしいストレッチです。
しかし、慢性化した激しい痛みにはストレッチは逆効果なので、そんな人が症状を緩和し、腰痛を防ぐためには「へそのぞき」が有効です。仰向けになって両膝を立て、腰を浮かすと同時に頭を持ち上げて、自分のおへそを見るだけの体操ですが、ラクにできるので体への負担も少ないのです。