急速に発達した世の中では、ひと昔前とは比べ物にならないくらい便利になりました。そんな便利さとは裏腹に、ストレスを訴える方が右上がりに増えているというのも事実です。長時間の仕事や毎日の生活の忙しさの中で、身体に不調を来たす方も大勢います。確かに身体的なものが身体の不調の原因である場合もあります。ですが、根本的にはストレスが身体の不調に繋がっているということも少なくありません。

人は疲労が溜まると、まず第一に睡眠を良くとって休むべきというのがお決まりの方法です。睡眠を良く取るというと、どうしても早寝するというイメ-ジがあります。しかし、その睡眠を取る際にもコツがあります。というのも、時間帯を意識した上手な睡眠を取ることが、脳のリフレッシュや蓄積した疲労を取るのに重要なのです。
実は、昼間の14時から16時までの時間帯の睡眠というのが、疲労解消法の秘密です。人間は就寝時間から15時間ほど経ったあたりに眠気のピ-クが訪れます。その時間帯に短い15分ほどの仮眠を取ることで、眠気を取りストレスを軽減することが可能となります。そのたった15分ほどの短い睡眠が、脳の活性を良くし、午後の仕事の効率を上げてくれるのです。
ここで注意すべきなのが、眠いからといってその時間帯に1時間も2時間も寝てしまうのは逆効果になるということです。昼間にそんなに眠ってしまったら、今度は夜に眠れなくなり身体のリズムを狂わせてしまうことになります。その点、15分程度の仮眠ならば気分がリフレッシュし、夜の睡眠に影響を受けることはありません。ストレス解消法というと、とかく運動をしたり旅行をしたりということが連想されがちです。そんな無理に時間を取らずとも、日常の生活のちょっとした時間で気分転換を図ることは可能なのです。
最近ではこの仮眠効果を認識した企業が、短い『お昼寝タイム』を導入し始めています。業務中は難しくても、昼休みなどに積極的に仮眠を取るなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

質の良い睡眠を得るには、自律神経の乱れの一因ともなる身体の歪みを整えることも重要です。武蔵小金井駅前整体院では身体の歪みを骨盤矯正により整えていきます。ぜひ一度ご相談ください。お待ちしております。