眼精疲労は、疲れ目の症状が悪化してしまい自分では治しにくい疾患のことを指します。この眼精疲労が原因となり、肩こりや頭痛、めまい、背中の痛み、手足のしびれなどを発症することがあります。
眼精疲労は自律神経のバランスを崩し、結果首や肩の筋肉を緊張させてしまいます。緊張によって血行不良が起こり、肩こりや頚のこりが現れてしまいます。
また、長時間パソコンの画面などをを見ていることで、肩こりや頚のこりを感じることがあります。長時間画面を覗き込む様な姿勢をしていると身体が歪み、場合によってはストレートネックになってしまいます。そうなりますと、前斜角筋などの筋肉が凝り固まっていきます。結果、頚のこりや手のしびれなどの様々な症状を引き起こす原因となりかねません。その他にも、身体の歪みは肩こりや頚のこり、頭痛、座骨神経痛など全身に症状が現れてしまいます。
そのため、身体の歪みを整えることで前斜角筋のこりを解消し、滞った血流を改善して痛みを解消することが大切です。
特に、近年はスマートフォンやパソコンの画面を長時間見ていることで、ブルーライトが視神経を過剰に刺激しています。これは不眠や頭痛の原因となりますので、休憩を挟んで長時間の作業をしないようにしましょう。また、パソコンの画面を目線よりも下げる、作業時の照明や画面の明るさを調節することもおすすめです。目を酷使しないような対策を常日頃とることが大切です。
武蔵小金井駅前整体院でカイロプラクティックに基づいた骨盤矯正により、身体の歪みを整えていきます。身体の歪みが整えば肩や頸周りの血行も改善され、眼精疲労の症状軽減にも繋がります。眼精疲労と頸のこりにお悩みの際は武蔵小金井駅前整体院にご相談ください。