仕事など、机に長時間座っていると、腰に負担がかかってしまいます。そのため、基本業務がデスクワークの方は慢性的な腰痛を抱えていることも珍しくありません。何か物事に集中していると、無意識の内に楽な座り方をしてしまいがちです。しかし、その姿勢が長く続けば続く程、身体の歪みを招きかねません。
腰痛を防ぐための座り方で、最も気をつけなければならないのは『姿勢』です。キーボードを打つ際に背中が丸まる、パソコン画面に集中して前のめりになるといった姿勢は腰痛の危険性を高めます。というのも、身体の歪みが生じてしまうからです。また、椅子に浅く腰掛け、背もたれに寄り掛かる姿勢も、腰に大きく負担がかかります。
椅子に腰かけるとすぐ脚を組む傾向が強い方は、背骨や骨盤に歪みが生じている可能性がより高まります。脚を組む方は大抵の場合癖付いてしまっているため、組みやすい方の脚が決まっています。その脚ばかりが上に乗り、不自然に身体がねじれることで骨盤が歪む要因になります。
では、どのように座れば腰に負担がかかりにくいのでしょうか?正しい座り方は、まず背凭れに付くくらい椅子に深く腰掛けます。その際は背中を自然に伸ばし、机と身体が平行になるイメージを持ってください。膝は床にかかとをつけてた状態で90度に曲がる程度がより理想的です。もし膝の位置が下がったり高くなったりしている時は、椅子や机の高さを調節してみてください。血管や筋肉の圧迫が軽減し、巡りが改善されます。
矯正した姿勢に慣れない内は、その状態を維持するのがつらく感じるかもしれません。しかし、骨や筋肉への負担が軽くなりますので、座り仕事での腰痛を防ぐと共に疲労軽減の効果も期待できます。
武蔵小金井駅前整体院では長時間の座り仕事で生じた身体の歪みを矯正する施術を行っております。カイロプラクティックに基づいた骨盤矯正により、身体の歪みを整え、腰痛になりにくいお身体へと導いていきます。デスクワークで生じた腰痛にお悩みの際は、ぜひ一度ご相談ください。お待ちしております。