多くの仕事がデジタル化しつつある現代では、一日中座ったままパソコンをし続けるという仕事が増加しています。そのような仕事が増えると大臀筋や中臀筋が強張っていき、お尻がこってしまいやすくなります。お尻のこりは腰痛だけでなく、肩こりや下半身の冷えの原因ともなります。慢性的な腰痛や肩こりにお悩みの方やお尻が冷たい方は、ストレッチなどで筋肉の緊張を緩めましょう。床に座って股関節を開いたり、前後に脚を開くといった運動が効果が期待できます。また、寝転がった状態でのストレッチもあるので、ベッドや布団の上で続けてみてください。
お尻の筋肉の緊張を緩めるのは、ストレッチだけが手段ではありません。普段、大きく足を踏み出して大股で歩くよう心掛けるだけでも効果があります。階段を爪先立ちで上がったり、朝晩の歯磨きの時は爪先立ちをするというのも有効な手段です。バスや電車での通勤を自転車通勤に切り替えるのも良いでしょう。普段の何気ない動作時に、以上の事柄を心がけるだけでも違ってきます。
武蔵小金井駅前整体院では骨盤矯正だけでなく、日常に取り入れやすいストレッチなどのアドバイスもしております。お尻の筋肉が固まると張りが無い垂れ下がったお尻になってしまうこともあります。きゅっと上がった美しいお尻を保つためにも日頃からのケアが大切です。お尻のこりをストレッチと日頃の運動でゆるめ、ほぐしていきましょう。