デスクワークで腰が痛い!腰痛になる人となりにくい人の違いとは【武蔵小金井駅前整体院】

投稿日: #健康コラム

人間の身体の中で、要と言う文字の付く腰は弱点になり得ます。というのも、身体の中でも上半身と下半身とを繋ぐ位置にあるにも関わらず、骨が一本しか通っていない不安定な部位だからです。その上、少し姿勢が歪んだだけで身体にズレが生じ、その結果腰痛が起こってしまいます。

特に腰痛の原因になりやすい姿位は、座位になります。例えば、ほぼ1日中座って仕事をしている方は、体力的には楽ですが腰痛には罹患しやすくなります。
長時間のデスクワークをしている方全員が腰痛になってしまう訳ではありません。腰に痛みが生じてしまうのは、他にも原因があります。
まず、座っている時点で身体に歪みが生じていると腰に負荷がかかり、腰痛に繋がります。湿布などで治るような一時的なものであれば問題ありませんが、慢性的な痛みになると治療院などに通院する必要があります。
また、筋緊張から腰の痛みが生じることも珍しくありません。例えば、デスクワークの中でもPCを使用して仕事をしている方は多く見られます。その際、ディスプレイを覗き込むようにして座っていると良くありません。背中が丸まることで腹側の筋肉がゆるみ、背中側の筋肉が伸びてしまいます。その姿勢になると腹側の筋肉はさほど使いませんが、背中側の筋肉が伸びて常に筋緊張が起こった状態になってしまいます。腰は解剖学的に前弯しているのが通常の状態です。背中の筋緊張が強くなってしまうと、そのバランスが崩れかねません。

この状態を改善するためには、治療院に行くだけでなく、普段から姿勢に気をつけることが重要です。PC作業をする場合には、可能なかぎり画面を覗きこまず背筋を伸ばすようにしましょう。意識せずとも背中を伸ばせるよう、背中に30cm以上ある定規などを入れてみるとまっすぐ座ることができます。また、書類作業や勉強をする場合も、あまり姿勢を崩さないように気を付けましょう。疲れてくるとついつい背中を丸めがちになります。適度に休憩を取るのは勿論、合間にストレッチを取り入れるのもおすすめです。